【呪術廻戦】キャラクター最強ランキングTOP10?! ※ネタバレ注意

呪術廻戦キャラクター最強ランキングをまとめてみました 。

皆さんもぜひ予想をしながらランキングを見ていきましょう!

 

 ※一部ネタバレ箇所がありますが、事前に該当箇所は伝えます!

  

 

○10位 花見

術式:不明

領域展開:会得済み

 

樹木を操る術式ですね。呪力を餌に成長する種子を的に打ち込む「呪いの種子」や、

相手の戦意を削ぐ「花畑」を生成することができます。

 

作中最強の耐久力を誇っており虎杖の黒閃を5回、東堂の渾身の游雲を食らっても

領域展開できるほどの元気を持っています。

 漏瑚がこれを食らっていたら死んでいたらしいです。

 

花見10位でした。

 

○9位 陀艮

術式:死累累湧軍

領域展開:蕩蘊平線

 

基本的に水を操る術式です。 

領域展開は「蕩蘊平線

 青空の下をきれいな海と砂浜がある今までの殺伐とした領域とは違い非常にのどかな領域です。

術式開放死累累湧軍を使うことで際限なく式神を召喚できます。 

領域内の必中効果+死累累湧軍の際限なく湧き出る式神はまさに地獄。

七海は片目を、禪院は片腕を失うほどの恐ろしさです。

 

また、底なしともいえるヒットポイントを持っていて生半可な打撃じゃビクともしません。

 

陀艮9位でした。 

 

○8位 禪院甚爾

術式:なし

領域展開:なし

 

天与呪縛によって呪力が「完全にゼロ」です。

同タイプである禪院真希との違いは、禪院真希は呪力が「一般人程度」あるのに対し、禪院甚爾は「全くのゼロ」です。

それゆえに、肉体は一線を画し身体能力はもちろん、五感さえも大幅に強化されています。

しかも五感で呪霊を知覚することができるのです。

天与呪縛の完成形です。

 

主に呪具を使った戦闘スタイルで、特に最強の呪具が特級呪具「天逆鉾」です。

この呪具に付与された術式効果は、「発動中の術式強制解除」です。

これにより、学生時代の五條覚を瀕死にまで追い込みました。

 

天与の暴君8位でした。

 

○7位 漏瑚

術式:名称不明

領域展開:蓋棺鉄囲山

 

壁に火口を生成してそこから炎を打ち出したり、

掌から炎を打ち出したりできます。

また極ノ番「隕」という巨大な隕石を相手の頭上に落とすという技があります。

渋谷のビル群を一発で一掃するほどの威力を持っています。

 

領域展開は「蓋棺鉄囲山」。

並みの術師なら入った瞬間焼け死ぬほどの威力があります。

漏瑚の驚異的なスピードと火力にバフがかかるので領域内ではよほどのことがない限り負けることはないと思います。

五条と宿儺の戦いでかなり噛ませ感が出ていますが、

実力は呪霊界の中でトップクラスです。

 

呪術廻戦のマスコット7位でした。

  

○6位 真人

術式:無為転変

領域展開:自閉円頓裏

 

相手の魂に触れることで魂の形を変え、肉体の形をも変えてしまうという術式です。

この術式の強いところは、魂の輪郭を知覚していないとなす術がないというところです。

防御はおろか攻撃すらとおりません。

 

また、自分の肉体の形も変えることができます。

七海戦では足をチーターのようにして機動力を得たり、メカ丸戦では魚になって水の中を高速移動したりしていました。

 

領域展開は「自閉円頓裏

この領域に入ったものは真人のてのひらの中。

まないたの鯉です。

無為転変が必中するわけですので、簡易領域か領域展開を会得していないと詰みです。

 

ここから先は少し本誌の内容になります。

ネタバレ嫌な方は下線が引かれている部分を飛ばして、5位の内容から見てください!

 

 

真人は虎杖との戦闘中に魂の本質を理解することによって呪霊より高次な存在になりました。

それより偏殺即霊体という進化技を会得します。

虎杖の打撃をものともしない防御力を持ち、攻撃力、スピードも上がっています。

純粋にステータスが上がっているのでめちゃくちゃ強いです。

これに加え最強の術式無為転変があるので作中最強の呪霊と言っても過言ではないです。

 

樹霊のボス6位でした。

 

○5位 八握剣異戒神将魔虚羅

 術式:不明

領域展開:不明

 

伏黒の術式である「十種影法術」の式神です。

能力としてはあらゆる事象への適用です。

後頭部についている舵輪が回ることで、その能力を発動することができます。

具体的な内容としては、怪我を負ったら、怪我を負う前の状態に戻る。

 

相手が呪霊で攻撃が食らわなかったら、呪霊に特効である正のエネルギーを含んだ攻撃をする。といった感じです。

事象に適応しているわけなので、一度食らった攻撃は2度目は通用しません。

つまり最強の後出しジャンケンなわけです。

 

能力だけでも最強なんですが、身体能力もめちゃくちゃ高いです。

漏瑚が手も足も出なかった宿儺を、片手の振り払いだけで100メートル以上吹っ飛ばしています。

吹っ飛ばした先にすぐに移動し、追撃をするなどスピードも桁違いです。

そりゃあこんな怪物調伏できる十種影法術師なんていないですよね。

 

最強の式神魔虚羅、5位でした。

  

○4位 乙骨憂太(里香解呪前)

 術式:不明

領域展開:不明

 

生得術式かどうかはわかりませんが、無条件の術式コピーをすることができます。

0巻では狗巻家の呪印が施されたスピーカーで呪言を放つこともできています。

変幻自在、底なしの呪力の塊である折本理科に取り憑かれています。

呪力量で言ったら作中最強です。

 

また乙骨憂太ば超大物術師である菅原道真の子孫で、超遠縁ですが五条とは親戚です。 

呪術師としてのセンスは類まれなるものですね。

 

里香解除後も特急になることができているので、現在もかなりの強さを持ち合わせているのではないでしょうか。

 

純愛の男、乙骨憂太、4位でした。

 

3位 夏油傑

 術式:呪霊操術

領域展開:不明

 

術式は「呪霊操術」。

その名の通り、呪霊を取り込み操る術式です。

おそらくですが呪霊を取り込める数に上限はありません。

とり込めば取り込むほど手数が増えていくので努力がモノを言う術式ですね。

 

呪霊操術の強みは手数の多さです。

呪霊は準1級以上であれば術式を持っています。

呪術廻戦のみならずバトル漫画の能力は、基本初見殺しみたいなものが多いですよね。

術式も例外ではなく基本初見殺しです。

初見殺しである術式を複数扱い、さらに呪霊を一度に何体でも召喚することができます。

純粋な数の暴力で押すのもよし、術式を解明・攻略されてからまた新しい呪霊を放つのもよし。

術式パワーで言ったら五条の「無下限呪術」と並ぶレベルだと思っています。

 

また、極ノ番「うずまき」という取り込んでいる呪霊を一つにまとめ、それをエネルギーとして放出するというものがあります。

おそらく、どの呪霊をうずまきにするかは選択することができるので、使わない呪霊をうずまきにすることもできます。

純粋な暴力なので火力面も問題ないです。

 

夏油傑、3位でした。

  

○2位 両面宿儺

術式:不明

領域展開:伏魔御厨子

 

攻撃方法としては斬撃と炎の2種類が現時点明かされています。

斬撃には2種類あり、通常の斬撃「解」と呪力量・強度に応じて自動で最適な一太刀で相手を卸す「捌」があります。

 

そしてもう一つ、宿儺は炎を操ることができます。

「□」「開」(しかくふうが)と唱えると斬撃から炎に切り替えることができます。

威力はとんでもないです。

渋谷にあるおよそビル10個分の火柱が立つほどの威力です。

 これを食らったものは誰かと違い”灰すら”残しません。

 

領域展開は「伏魔御厨子」

宿儺の領域展開はかなり特殊で、空間を結界で分断しません。

 宿儺の領域はこの周りの結界はなく、あるのは伏魔御厨子本体のみです。

空間を結界で分断しないので相手は逃げ道があります。

 

この逃げ道を与えるという縛りにより、必中効果範囲は底上げされます。

最大半径200メートルです。

では必中効果範囲半径200メートルに何が必中になるのかというと、先ほどの斬撃「解」と「捌」です。

 必中効果範囲内の呪力を帯びたものには「捌」

呪力がないものには「解」

が伏魔御厨子が消えるまで絶え間なく浴びせられます。

 

呪力がないものには無生物も含まれます。

したがって伏魔御厨子を発動したら、

半径200メートルの建物、生物を含めたすべてが切り刻まれて消失します。

 暴力の塊みたいな領域展開ですね。

 

また術式だけでなく身体能力も高いです。 

ドラゴンボールを彷彿とする空中での身のこなしや、

ビルを何個も貫通して100メートル以上吹っ飛ばされても全然余裕の様子です。

そして戦闘経験も知識も豊富で、臨機応変に戦いに適用することができます。

 さすがは呪いの王って感じですね。

 

両面宿儺2位でした。

 

○1位 五條悟

 術式:無下限呪術

領域展開:無量空処

 

収束する無限級数を現実にする術式です 

近づけば近づくほど飛んでくるものが遅くなり結果的に到達できないというものになります。

 

空間に虚構を発生させブラックホールのような吸い込む反応を作り出す「術式順天蒼」

 吸い込む反応とは真逆の反応であるはじき出す力を見出す「術式反転赫」

蒼と赫2つの無限を組み合わせたものが虚式「茈」

 

領域展開は「無量空処」

知覚、伝達すべての情報を相手の脳に無限回繰り返させ

無限の情報を与えて脳を強制的にシャットダウンさせる技です。

 0.2秒で半年間ほどの情報を与えることができ、

非術師はもちろん特級に分類されるものでさえ動けなくなるのは時間の問題です。

 

また五条の領域展開はとても洗練されているので、簡単に相手の領域を塗り返すことができます。

要するに「最強」。

  

ということで今回はこれで終わりたいと思います。

 

みなさんの予想はいかがでしたか?

1位のキャラクターは誰にしようか非常に迷いましたが、五条悟を選ばせていただきました。

 

また次の記事で会いましょう!

 

 

今回の記事は、Latte【考察】様(https://www.youtube.com/channel/UCwh4wk7dW6igxQ0oD84OeLQ)のこちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=eMBza-VDeI8)を参考にしました。