【呪術廻戦】花御を逆再生したら狗巻の語彙の意味が…?!

今回はアニメ18話について考察します

花御の”術式”がとうとう判明しましたね!

 

○目次

1. 伏黒恵 vs 加茂憲紀

2. 赤血操術・赤鱗躍動

3. 「眠れ」

4. 花御の登場

5.伏黒恵 vs 加茂憲紀 

6.花御の術式

7. 次回予告  

 

伏黒恵 vs 加茂憲紀

まず伏黒恵 vs 加茂憲紀ですが戦闘シーンの迫力が満点です。

漫画だとこのシーンとかは躍動感とかわかりづらいんですが、

やはりアニメの魅力は戦闘シーンの迫力に詰まってますね。

 

赤血操術・赤鱗躍動

特に加茂の赤血操術・赤鱗躍動これがかっこよすぎました。

血液を操るっていう単純な術式なんですが、脈拍、赤血球量、血中成分。

この単語が出て興奮しないわけがないんですよね。

それだけではなくて、純粋に右目が充血している加茂がかっこよすぎです。

ここで加茂憲紀好きになった方はかなりいるのではないでしょうか。

 

実際僕もアニメを見てより好きになってしまいました。

武器を持っているとはいえ赤鱗躍動に対応できる伏黒恵、体術凄すぎませんか?

やっぱり天才呪術師ですね。

そしてオープニング後の三輪霞は可愛すぎてキレそうでした。

この手癖が悪い感じもいいですね。

 

 

「眠れ」

そして狗先輩の「眠れ」

声の暴力。

三輪がメカ丸の連絡先の名前をしっかり究極メカ丸にしているのが、真面目ポイント高いです。

 

花御の登場

そして、交流会編での超重要なキャラである花御の登場です。

漫画だとフリガナふってなかったので、今回花御の音声を逆再生するとこのようになっています。

「あれ一人ですか?」

ですね。

 

それに対しイヌマキは鮭、いくら、明太子と返しているわけですが、どのような意味があるのか気になりますね。

シャケに関しては肯定の意味があると公式の情報でありました。

いくらと明太子は分からないですが、ちょっと予想してみると

「そうだ ここは 通さない」

とかですかね襟を上げて戦闘態勢に入ろうとしているあたりから、戦おうとしている時の発言かなぁと思います。

 

伏黒恵 vs 加茂憲紀

シーンは変わり、再び加茂 vs 節頃に戻ります。

ここの伏黒めちゃくちゃかっこよくないですか。

特に原作勢の方は共感していただけると思います。

 

そうここの作画が原作に近くなってるんですよ。

この闇の中にいるような表情。

最高です。

 

やっぱり伏黒はこういう顔が似合いますね。

そして万象の権限の仕方がかっこよすぎる。

相伝の術式って感じで神です。

 

あと、鵺の顕現も最高です。

十種影法術って今こんなに格好良かったのかって思いました。

 

花御の術式!

そしてついに花御の術式が登場しました。

狗先輩の「逃げろ」これ初見の時、鳥肌でしたね。

花御戦では狗先輩結構活躍してくれるし

呪言たくさん聞けるので楽しみですね。

 

組屋鞣造によってと帳がおろされるわけですが、

この帳のおかげで夕暮れっぽい色合いになっているのがめちゃくちゃ良いです。

空の色が不気味なのも良いですね。

最高の演出です。

 

そして花御の声意外と綺麗な美人ボイスでしたね。

ちゃんと逆再生なしでもここは伝わるようにしてくれてありがたかったです。

 

次回予告

次回のタイトルは黒閃ということでめちゃくちゃ楽しみですね。

オープニングの黒閃を見る限り、作画の良さは約束されているようなものなので、1週間待ち遠しいですね

 

ということで今回はこれで終わりたいと思います。

また次の記事で会いましょう!

 

 

 

 

今回は、Latte【考察】様(https://www.youtube.com/channel/UCwh4wk7dW6igxQ0oD84OeLQ
のこちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=JhbgOl7zEm4)
を参考にさせていただきました。