『LINE登録で限定クーポン配布中』

友だち追加

【東京リベンジャーズ】”特攻服”がマイキーの悲惨な”末路と希望”を暗示!?

今回は、マイキーの最悪な末路を暗示する、特攻服に隠された真の意味について考察していきます!


マイキーが辿った、東京卍會と関東卍會のヤバすぎる真相とは?
そしてそこから判明した一筋の希望の光とは?

東京リベンジャーズという物語において特攻服は、そのチームの真相を掴む非常に重要な意味を持っています。

東京卍會と関東卍會がの制服を調べることによって、東京卍會と関東卍會が、あるチームと繋がりがあると分かり、それはマイキーの最悪すぎる末路を暗示するものでもありました。また、それと同時に一筋の希望が見えてくることでもありました。

それでは内容に入っていきます!!

目次


1.東京卍會と関東卍會に繋がるあのチームとは?

2.東京卍會と関東卍會の特攻服が物語るマイキーの最悪すぎる末路とは?  

3.一筋の希望!

1. 東京卍會と関東卍會に繋がるあのチームとは?

東京卍會の特攻服

まず始めに、東京卍會の特攻服を詳しく見ていきましょう。東京卍會の特攻服は黒を基調としていることが分かると思います。そしてベルトの色は特攻服とは正反対の白となっています。そして上の服はズボンにインスタイルです。

刺繍についてまず目を引かれるのが両左右の胸の位置に描かれている四文字熟語だと思います。左右の四文字熟語は右から、天上天下/唯我独尊と書かれています。

天上天下唯我独尊という言葉は、仏教の開祖であるお釈迦様が生まれたと時に発したとされる言葉で、お釈迦様は生まれたと同時にその場から七歩歩き、その後右腕を天へそして左腕を地面に差し、天上天下/唯我独尊と言い放ったと言われています。この言葉の意味を簡単に言うと「俺こそがNo.1」という意味となります。まさに東京卍會というチームにぴったりなという感じですね。

次に左右の腕に入れられた刺繍についても見ておきましょう。左腕の位置には役職が入るようで、マイキーなら初代総長、ドラケンなら初代副総長、そして三谷なら親衛隊のようにその人物の所属や役職が描かれています。そして右腕には暴走卍愚連隊と刺繍されています。最後に背中側ですが、これはシンプルにチームの名前である東京卍會という言葉が入っております。実はこの右腕に描かれている暴走卍愚連隊という言葉がのちに重要となってくるのですが、それを紐解く前に関東卍會の特攻服について見ていきたいと思います。

関東卍會の特攻服


関東卍會の特攻服は東京卍會の特攻服とは大きく異なり白を基調としています。デザインも上着の裾がスラッと長く東京卍會の特攻服とは全く異なる雰囲気です。

そして特攻服の刺繍ですが、全面には何も入っておらず背部にはチーム名の関東卍會という文字と、左右の腕の部分には天上天下唯我独尊という刺繍が刻まれているだけです。東京卍會の特攻服にも描かれていた言葉ですね。この関東卍會の特攻服は東京卍會の特攻服とは打って変わりシンプルな仕上がりとなっています。

繋がるあのチーム


ここまで東京卍會と関東卍會の特攻服を見てきました。実はこのマイキーが辿った二つのチームの特攻服には、それぞれ衝撃的な意味が隠されていたんです。そしてそれは東京卍會、関東卍會とあるチームの繋がりを示唆するものでした。
では、マイキーが辿った東京卍會と関東卍會の特攻服の真の意味、これらのチームと繋がる、あるチームと一体何でしょうか?そのチームは、、、

ブラックドラゴンです。

2. 東京卍會と関東卍會の特攻服が物語るマイキーの最悪すぎる末路とは?

ブラックドラゴンの創設者

ブラックドラゴンはマイキーの兄、佐野慎一朗が創設した伝説のチームです。慎一郎は喧嘩は弱いものの、仲間想いでカリスマ性のある人柄から多くの不良達に慕われていました。そして慎一郎が創設したチームが初代ブラックドラゴンです。慎一郎のことを弟であるマイキーも憧れていました。しかし、ブラックドラゴンは、黒川イザナの手によって犯罪、暴力なんでもやる超極悪組織へと変貌していきました。そしてそれを皮切りに10代目ブラックドラゴン総長に柴大寿がなるころにはブラックドラゴンの評判は地に落ちていました。この時のブラックドラゴンは歴代のブラックドラゴンの中でも最も最悪最恐だったとされています。そして10代目ブラックドラゴン総長柴大寿は、初代ブラックドラゴンとの決別の意味も込め、ブラックドラゴンの特攻服を一新しています。


ブラックドラゴンには誰もが憧れる表の顔と、最悪最恐となってしまった裏の顔が存在するということになります。そして表と裏が如実に現れているのが特攻服です。ブラックドラゴンの特攻服には、初代ブラックドラゴンの特攻服を基調にしたバージョン、柴大寿が作らせたバージョン、と大きく2パターンのデザインがあるんです。 それこそがマイキーの最悪すぎる末路とも繋がるのですが、まずは2パターンの特攻服をそれぞれみていきましょう。

初代ブラックドラゴン

まずは初代ブラックドラゴンである伝説となった佐野慎一郎時代のブラックドラゴンの特攻服について見ていきましょう。初代ブラックドラゴンの特攻服は黒を基調とし、白のベルトに上の服をズボンにインスタイル。そして左右の胸にはそれぞれ四文字熟語が入っています。加えて背中にはチーム名である黒龍の文字があり、そして左腕には役職、極め付けに右腕に暴走愚連隊の文字が入っています。

もうお分かりだと思いますが、初代ブラックドラゴンの特攻服は明らかに東京卍會の特攻服に酷似しています。色合いやデザイン、そして右腕に刻まれた暴走愚連隊という文字から東京卍會の特攻服は明らかに初代ブラックドラゴンの特攻服を意識していたことがわかります。マイキーが兄の慎一郎を憧れていたのなら、マイキーが兄のチームである初代ブラックドラゴンの特攻服を意識していても別に不思議ではありません。

10代目ブラックドラゴン

ではこれらを踏まえ、最悪最恐となった10代目ブラックドラゴンの特攻服を見てください。先程ブラックドラゴンは10代目ブラックドラゴン総長、柴大寿の手によって特攻服のデザインが一新されたといいました。では10代目ブラックドラゴンの特攻服はどのようなデザインとなったでしょうか。10代目ブラックドラゴンの特攻服は白を基調し、上着の裾が長く、全体的にすらっとした印象となっています。この最悪最恐時代のブラックドラゴンの特攻服は関東卍會の特攻服に酷似しているのです。 このことから、関東卍會は10代目ブラックドラゴンを意識していることが分かります。

ここから、関東卍會というチームの真相が見えてきそうではないですか?

今までの話をまとめると東京卍會は初代ブラックドラゴンと、関東卍會は10代目ブラックドラゴンと、それぞれ特攻服が酷似している。言い換えると東京卍會は初代ブラックドラゴンを、そして関東卍會は10代目ブラックドラゴンを意識していることがわかりました。ではこれらが一体何を意味しているのでしょうか?

東京卍會と初代ブラックドラゴンに関しては、マイキーが兄慎一郎のチームに憧れ東京卍會の特攻服を初代ブラックドラゴンに似せたと考えられます。


では関東卍會の特攻服が10代目ブラックドラゴンの特攻服に酷似している意味は何でしょうか?東京卍會のマイキーが慎一郎に憧れていたように、関東卍會のマイキーも10代目ブラックドラゴン総長柴大寿に憧れてたのでしょうか?可能性は0ではありませんが、可能性は低そうです。

マイキーの末路とは、、、?

関東卍會は未来の梵天へと繋がる可能性があるチームです。となれば関東卍會は2008年の段階で犯罪組織ではなくとも、後々に犯罪へと手を染めて行くことは明白でしょう。これは柴大寿が作ろうとしていた最悪最恐組織10代目ブラックドラゴンと同じではないでしょうか。関東卍會の特攻服が意味していることは、柴大寿が初代ブラックドラゴンと決別して特攻服を一新したように、関東卍會の特攻服は過去のチームである東京卍會と決別したという意志を表したものなのかもしれません。それは関東卍會のマイキーには東京卍會のような、思いやりや優しさは無い、東京卍會時代のマイキーはもういないということを表しているのかもしれません。

3. 一筋の希望!

仮に、関東卍會の特攻服が10代目ブラックドラゴンに繋がるものだとすると、同時に希望の光という可能性もあります。

10代目ブラックドラゴン総長であった柴大寿はすでにタケミチらに敗れ、現在は更生しています。つまり闇に落ちきった大寿はタケミチによって闇から解放されたのです。そして、大寿を救ったタケミチが現ブラックドラゴンの総長です。ということはブラックドラゴンは最終章においてかなり重要となってくるチームということです。最終章ではマイキーの隣にココ、そしてドラケンの相棒が犬ピーだったことに加え、公式ツイッターで明かされましたが柴大寿のペアとして三谷が描かれています。この3つのペアは共に本黒龍のココと犬ピーそして大寿が、黒い龍を体に刻んでいるマイキー、ドラケンそして三ツ矢のペアとなっています。

2008年のマイキーは体に黒い龍を刻んでませんが、すでにドラケンが亡くなっていると考えると2008年のマイキーが黒い龍を体に刻む日は近いのかもしれません。マイキーとココ、ドラケンと犬ピーのように、今後、三ツ矢が大寿とペアで登場する可能性は高いのではないかと推測できます。


11代目ブラックドラケン総長花垣タケミチ、そして本黒龍のココや犬ピーそして柴大寿という存在。黒龍を体に刻む者達。加えて最終章では初代黒龍のメンバーだった武臣、わか、弁慶がいます。ここまで黒龍に関わる人物達が最終章で揃っていることを考えると、今後ブラックドラゴンが鍵になることは間違いなさそうです。そしてマイキーが自身の体に黒い龍を刻まないようにするために元黒龍組が11代目ブラックドラゴン総長ハナガキタケミチの元に集まるのかもしれません。

 

今回はこれで終わりにします。

次回もお楽しみに!

 

今回は【東京卍リベンジャーズ ぶっ飛び!考察チャンネル】-漫画の図書館- 様(https://www.youtube.com/watch?v=CPJ3ta6D9aI)の以下の動画を参考に作らせていただきました。 


東京リベンジャーズ 缶バッジ バネ遊具ver. 三ツ谷隆
カフェレオ
¥550

『LINE登録で限定クーポン配布中』

友だち追加